大規模修繕コンサルティング

 




公式BLOG
 
 
お問合せ先
特定非営利活動法人
ECO-ECO建物再生推進協会

 
E-mail:
ecoeco@ark.ocn.ne.jp
TEL:045-341-0161
FAX:045-343-0231


神奈川県横浜市中区長者町
  5丁目51-1-710
 
 

大規模修繕工事 設計コンサルティング

大規模修繕を成功に導く5つのポイント


 初めての大規模修繕工事は、管理組合にとっても最初の一大事業となります。二度目・三度目でもリーダーの重責は変わるものではありません。大きな資金が動き、生活にも影響の出るものですので、理事長を始め理事・修繕委員の皆様の心労は計り知れません。これを成功裡に終わらせるポイントは以下の5つです。

 POINT1 建物の劣化状況を必ず診断する
 POINT2 管理組合員の理解・協力を得る
 POINT3 施工会社の選定は公平に行う
 POINT4 予算に見合った修繕を心がける
 POINT5 コンサルタントは管理組合のパートナーを選ぶ

 カギは何と言っても透明性。密室化せず、管理組合全体の足並みと方向性を揃える必要があります。
 この事業のお手伝いをするのが、パートナーである設計コンサルタントです。新築工事との大きな違いは、人が住んでいる場での工事ということになります。新築経験の豊富な設計事務所ではなく、改修工事専門の設計事務所を選んでください。管理組合運営についての知識も不可欠です。


設計監理方式と責任施工方式


大規模修繕工事の進め方には、2つの方法があります。

   設計監理方式  責任施工方式
 契約形式  @管理組合はコンサルタント(設計監理
  者)と設計監理契約を結ぶ
A管理組合は工事会社と工事請負契
  約を結ぶ
管理組合は工事会社と工事請負契約を結ぶ
   
 メリット 管理組合の予算と要望を考慮して
  細やかな設計内容にできる
適正な工事費用と条件で施工会社
  を選定でき、技術力・工事費・会社
  信用度などの査定が可能
工事が適正に行われているか精査
  できる
第三者を入れることにより、全組合
  員に対して 透明性をアピールし、
  合意形成がしやすくなる
調査から施工まで一本化できるの
  で、全てを任せることができる
 デメリット 工事費の他に設計監理費が発生
  する 
第三者によるチェックができないた
  め、仕様や工事自体が適切に行わ
  れたか判断が困難
同じフォームでの相見積りが取れ
  ず、比較が困難
 



私達のお手伝い


1.建物調査診断業務(必要性)
  しっかりとした大規模修繕工事計画を立案するためにも、現状把握は欠かせ
  ません。建物調査診断を行い、修繕の基礎資料にします。
2.改修設計業務(公平性)
  調査診断の結果に基づき、建物に最適な改修計画を立案します。概算費用の
  算出も同時に行います。
3.施工会社選定補助業務(透明性)
  さまざまな媒体を通じて募った施工会社を厳密に選定するサポートを行いま
  す。優良な施工会社を選ぶには、経営状況や改修実績、技術力、施工体制な
  ど多岐にわたる項目を比較検討することが必要です。
4.工事監理業務(品質・工程管理)
  工事仕様書に基づいて適正な施工がなされているか、発注者に代わって工事
  のチェックや施工者への指導を行います。
5.アフターサポート
 長期修繕計画案作成業務

 管理組合の意向をより反映させるには、組合主体で進めるのが一番です。設計コンサルタントは専門家として管理組合をサポートします。


 当協会の場合、ご相談をいただいた後、協会所属のコンサルタント・設計事務所をご紹介させていただきます(ご契約の際は各設計事務所との契約となります)


 当会監修 大規模修繕コンサルタント.com もご覧ください。




何でもご相談ください


 大規模修繕工事の予算は
   一般的なマンションで 戸あたり120万〜
   100戸以上の大型マンションで 戸あたり100万〜 と言われています。
 
 予算に不安があるような場合もぜひご相談ください。より良い方法をご提案いたします。


 また、ECOを積極的に導入したい場合も当会までご連絡ください。
 (ECO-ECO再生の一例